造本の旅人 annex

このページは、RANGAIに不定期連載中の「造本の旅人」の楽屋裏、制作ノート的なものです。
「造本の旅人」は、好きな作品を、自由な発想で好きなように「本」にする試みです。
「本」とは、紙の束を綴じたものとは限らない。また、「ぽっぺん堂」は普段、豆本と呼ばれるサイズの本を手がけていますが、ここでは本のサイズも大小さまざまになっていくと思います。
ここは雑記帳のように、制作の途中に思ったつれづれを綴っていくスペースです。

「高瀬舟」森 鴎外


“テカリのない濃いい青の紙”を表紙に、共函も同じ紙で作る、と決めたところで、
どの程度「濃い」ほうがいいのか?
そもそも「濃い青×白字は絶対か?」
などとグルグル考えはじめ、いくつかの紙を使って試作をしてみました。


左側に寝せてあるものは里紙にインクジェットプリンターの黒インクで出力したものです。これもこれで落ち着くなあ、などと迷ってみたりもしましたが、右側に立てて並べたなかから本番用の一冊が選びだされました。


使用した紙はそれぞれ左からビオトープ、TANT、NTラシャ。TANTの表面の凹凸がおもしろくもあり、NTラシャの「紙感」高めでシルクスクリーンのインキのりがほどほどなところも気にいりました。…が、ご覧のとおり圧倒的に黒めな左端、ビオトープが今回抱いたイメージにもっとも近かったようです。

   *

鴎外といえば「舞姫」はドイヒーである、みたいな議論もあるようですが、この「高瀬舟」も末尾の一文の前に、自分の胸の内に生じた疑念を振り払って「オオトリテエ」に従おう、という同心の内心が描かれていたりします。美的世界というよりは今日でいうところのサラリーマン的な感覚が見えて、喜助の「お上にある意味救われてしまった」しんどさとの対比が、物語の理想を裏切るところでもあります。個人が幸せを追求したり、正義を発揮したりするにはまだ早い。

   *

抱いたイメージを具現化しつつ、イメージの無理なところを矯正したり、おぎなったり、また思ってもいないことがわかったり、試作にはさまざまな意味があり、考えながら手を動かすことが重要だな〜と、何を作るにも思う日々であります。頭の中で考えた段階でかなりのイメージが固まるとはいえ、そこで完結することはないわけです。

初学の頃は失敗が残念で、悔しくて、素材が減るのがもったいなかった(笑)ものです。今は失敗もコミコミと考えています。手を動かして→考える。制作はその繰り返しです。